半陶 輪島焼 能登ノ國で 土に還る土を探し求める日々

月曜日, 6月 01, 2009

Taro Okamoto 時代の後脚 渋谷駅




いつだったか、ブログに乗せたことがある岡本太郎の絵である。
やっと、見ることが出来た。偶然にも、渋谷駅の上にあった。
まったく、元気で雄大であった。
ピカソのゲルニカは、違う気迫があり、この絵も気迫というより、少し違う意味ではあるが、殺意すら感じる絵であった。
人の心をえぐるというのは、まさに殺意と私自身は思っているので、間違いなく殺意という他ならなかった。だからこそ、出会った瞬間は思わず自然に立ち止まってしまった。
だからこそ、私の空間がここに残されていた。
しかし、どことなくメキシカンな匂いも、不可思議な形相をも生み出していた。
人生の中で、好きな絵の一枚であることは、間違い無かった。
東京で疲れていたが、出会ったことで、体に元気を取り戻した。街の中のシーンを映してみました。心的に少し感動してほしくて、シーンを撮影しました。



video

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

ラベル

過去 (666) (110) (79) 仕事 (59) (58) (57) (36) 教室 (26) 展覧 (24) 芸術 (24) 友人 (20) (19) (18) (17) (15) (14) (13) 市場 (11) (10) (9) music (8) 正月 (8) 地震 (7) 温泉 (7) 鉄道 (7) (6) 文化 (6) (5) (5) 新聞 (5) 波の花 (5) (5) 宗教 (4) (4) 映画 (4) 東京 (4) 結ひ (4) 能登 (4) 釣り (4) チャリ (3) (3) 個展 (3) 師匠 (3) 料理 (3) (3) 窯跡 (3) 陶芸 (3) 電車 (3) 音楽 (3) バス (2) 友人 music (2) (2) 宿 (2) 揚げ浜式 (2) 民宿 (2) (2) (2) 陶芸教室 (2) KyuWa (1) ちまた (1) イベント (1) エンド (1) 七太郎 (1) 岐阜 (1) 岡山 (1) 巨木 (1) 揚げ浜 (1) 新年 (1) 曼殊院 (1) 曼珠院 (1) 歴史 (1) 病院 (1) 神社 (1) 祭り (1) 結婚 (1) 良ちゃん (1) (1) 言葉 (1) 講演会 (1) 谷中 (1) 輪島 (1) 輪島塗 (1) (1) 静岡 (1) (1) Kyuwa (1) PC (1)