半陶 輪島焼 能登ノ國で 土に還る土を探し求める日々

日曜日, 2月 17, 2008









video



能登には、荒波がある。



長谷川等伯の「松林図」はこんな感じだったのだろうか?


等伯は、この絵を描いたときは能登で書いたわけではない。


もう、過去の何かから体の中からふっと出てきたものに違いない。


どうして、どうなるのか。


昔の人の感性は、恐ろしいものがある。


現実的に、今もこの絵が残っていることにより、現代の人たちも感銘している。


しかし、半島人の心意気はもっと素晴らしいものがある。


気が付けば、あっという間に過ぎているのが時間である。


この絵は、国宝というだけでなく、人間の必要な心や感性やすべての奥深いものを演出している。


だれも真似の出来ないこの絵は、当たり前だが一枚しかない。


また、この絵について語るべきものではないが、私なりに書いておきます。



風を書くことは難しい。


しかし、書ける人間もいない。


筆を持って書いてみればわかる。


単純こそ出来ないものだ。


いい筆だろうが、駄目であろうが。


何もかもが、揃わなくては出来ない。


今日の風も、冬の良さが体を包んでいた。




長谷川等伯 七尾商工会議所より(画面松林図は下記のホームページより添付しました)


http://www.noto.or.jp/nanao/cci/touhaku/big/20.html



0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

ラベル

過去 (666) (110) (79) 仕事 (59) (58) (57) (36) 教室 (26) 展覧 (24) 芸術 (24) 友人 (20) (19) (18) (17) (15) (14) (13) 市場 (11) (10) (9) music (8) 正月 (8) 地震 (7) 温泉 (7) 鉄道 (7) (6) 文化 (6) (5) (5) 新聞 (5) 波の花 (5) (5) 宗教 (4) (4) 映画 (4) 東京 (4) 結ひ (4) 能登 (4) 釣り (4) チャリ (3) (3) 個展 (3) 師匠 (3) 料理 (3) (3) 窯跡 (3) 陶芸 (3) 電車 (3) 音楽 (3) バス (2) 友人 music (2) (2) 宿 (2) 揚げ浜式 (2) 民宿 (2) (2) (2) 陶芸教室 (2) KyuWa (1) ちまた (1) イベント (1) エンド (1) 七太郎 (1) 岐阜 (1) 岡山 (1) 巨木 (1) 揚げ浜 (1) 新年 (1) 曼殊院 (1) 曼珠院 (1) 歴史 (1) 病院 (1) 神社 (1) 祭り (1) 結婚 (1) 良ちゃん (1) (1) 言葉 (1) 講演会 (1) 谷中 (1) 輪島 (1) 輪島塗 (1) (1) 静岡 (1) (1) Kyuwa (1) PC (1)