半陶 輪島焼 能登ノ國で 土に還る土を探し求める日々

土曜日, 8月 23, 2008

能登の花ヨメ  本日  全国ロードショー


白羽弥仁(しらは・みつひと):監督


1964年兵庫県生まれ。日本映画監督協会会員。日本大学芸術学部演劇学科演出コース卒業。93年4月に上映された「She's Rain」(小松千春主演)で劇場映画の監督デビュー。97年夏、ニューヨークの語学学校に短期留学後、プロモーションビデオやTVCM、短編映画などを手がける。
公式サイト »
ファミリー向け映画、というのは若い親と幼い子の親子向けなのが相場ですが、ある程度年齢を重ねた親子に向けた映画は作れないだろうか、と考えていました。昨年の春、能登半島で地震が起きた時、被災状況を知るにつれ、神戸で自分が体験したことの記憶が蘇る一方、テレビのニュースで見た「もう何年も田舎に帰っていなかった」と家族の安否を知るために帰郷した人のコメントは、この映画づくりの重大なヒントとなりました。能登半島に通い続けた長い準備期間の間に見えて来た、この国の地方ならどこでもが抱える過疎という問題と、誰にでも大切な家族があり、誰にでも帰りたい故郷があるのだ、という思いを込めた映画です。本作の背景は、能登半島の手つかずの自然の雄大さと、金沢の雅な町の繊細さです。それは、手放しで自分を預けることのできる、厳しいけれど際限なく優しい母親の愛情であり、心の故郷でもあります。「能登の花ヨメ」は、派手さはないかも知れませんが、それぞれの故郷で、ご家族ご一緒に見ていただければ本望です。事情で帰郷がままならない方も、ひととき、映画をご覧になってふるさとを想起し、思い出を辿り、共に暮らした家族や隣近所の人々の顔を思い浮かべて頂ければ、冥利に尽きます。
白羽弥仁(監督)

2 件のコメント:

しらは さんのコメント...

いつも応援有り難うございます。

東龍 さんのコメント...

おめでとうございます!
コメントもありがとうございます。
長いヒット祈願してきました。

心の時代到来ですね。

ブログ アーカイブ

ラベル

過去 (666) (110) (79) 仕事 (59) (58) (57) (36) 教室 (26) 展覧 (24) 芸術 (24) 友人 (20) (19) (18) (17) (15) (14) (13) 市場 (11) (10) (9) music (8) 正月 (8) 地震 (7) 温泉 (7) 鉄道 (7) (6) 文化 (6) (5) (5) 新聞 (5) 波の花 (5) (5) 宗教 (4) (4) 映画 (4) 東京 (4) 結ひ (4) 能登 (4) 釣り (4) チャリ (3) (3) 個展 (3) 師匠 (3) 料理 (3) (3) 窯跡 (3) 陶芸 (3) 電車 (3) 音楽 (3) バス (2) 友人 music (2) (2) 宿 (2) 揚げ浜式 (2) 民宿 (2) (2) (2) 陶芸教室 (2) KyuWa (1) ちまた (1) イベント (1) エンド (1) 七太郎 (1) 岐阜 (1) 岡山 (1) 巨木 (1) 揚げ浜 (1) 新年 (1) 曼殊院 (1) 曼珠院 (1) 歴史 (1) 病院 (1) 神社 (1) 祭り (1) 結婚 (1) 良ちゃん (1) (1) 言葉 (1) 講演会 (1) 谷中 (1) 輪島 (1) 輪島塗 (1) (1) 静岡 (1) (1) Kyuwa (1) PC (1)