半陶 輪島焼 能登ノ國で 土に還る土を探し求める日々

火曜日, 6月 23, 2009

能登半島で生きる日々の温床  輪島市






最近は仕事も忙しくせっせと頑張っています。
さて、雨の多い今日この頃ですが、なんとかめげずに頑張っています。
暑いし、蒸すし、雨だし、乾かないし。。。
梅雨ですから、仕方ないか。
陶場へ行く前に、自転車で山を下りていると、途中の道端で、
遇線にも知り合いが重機で作業していた。電車の枕木を出していた。
立話をしていると、どうも大手のホームセンターに出すらしい。
こんな能登の山奥からかぁ~
のと鉄道もこれで、また一つなくなっていく。
作業を横目に陶場へ。
注文の作品を仕上げ、一路自宅へ・・・
自転車乗っていると、昔を回想することが多い。
アスファルトの地面から、雨土の匂いが漂ってくる。
なんとも言えない土の噎ぶような、匂い。
雨の匂いも混じりながら、一生懸命自転車こいで、高校に通っていたことを
思い出しました。
来る日も来る日も自由がなくて、家では誰も理解せず、利己主義が両親のもと
くらし、お金は私自身だけなくて、バイトしたり、家の晩御飯も作ったり、本当に
日々生きるために頑張ってきたことを・・・
もう忘れていた感覚が、こうして自転車に乗り始め、雨土の様相から記憶の一部が
蘇った。
南極の氷で、何千年前かの空気がパッケージされた音が、溶け響くように・・・
自分のあたり前って、結構人にはわからないことが多い。
特に、両親や兄弟、親類の不幸というか、相違かな・・・
まあ、宇多田ヒカルよりは不幸?でもないかな・・・
今は、生きて来た時間の中では、いいのかもしれない。
どんなにたいへんであろうと、生きようと努力している自分が立っている。
雨足が強くなってきた。
足早にペダルをこぎつつ、頭や心は東北に行っていたようだ。
私も回想するような時間が、出来たというのも、何か変化があったからである。
帰ると‘のら 七太郎‘は、元気に待っていた。
晩御飯の代わりに、志賀町の諏訪さんで頂いたお手製のかき餅を、泡盛と頂いた。
お手製っていい響きですね。
仙台の祖母が、たまに「これ たべんせぇ~」って、銀紙ににくるんだのをもらって、
帰りのバスの中で、茶色のバッタ(いなご)の甘露煮見て、驚いたのを思い出しました。
美味しい現実かな。
一番世話になった祖父母も、私を三途の川で待っているし。
涅槃ってあるなぁ~と、寝ている夢の中で思っている。
梅雨の雨も、少しは降らないとね。



video

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

ラベル

過去 (666) (110) (79) 仕事 (59) (58) (57) (36) 教室 (26) 展覧 (24) 芸術 (24) 友人 (20) (19) (18) (17) (15) (14) (13) 市場 (11) (10) (9) music (8) 正月 (8) 地震 (7) 温泉 (7) 鉄道 (7) (6) 文化 (6) (5) (5) 新聞 (5) 波の花 (5) (5) 宗教 (4) (4) 映画 (4) 東京 (4) 結ひ (4) 能登 (4) 釣り (4) チャリ (3) (3) 個展 (3) 師匠 (3) 料理 (3) (3) 窯跡 (3) 陶芸 (3) 電車 (3) 音楽 (3) バス (2) 友人 music (2) (2) 宿 (2) 揚げ浜式 (2) 民宿 (2) (2) (2) 陶芸教室 (2) KyuWa (1) ちまた (1) イベント (1) エンド (1) 七太郎 (1) 岐阜 (1) 岡山 (1) 巨木 (1) 揚げ浜 (1) 新年 (1) 曼殊院 (1) 曼珠院 (1) 歴史 (1) 病院 (1) 神社 (1) 祭り (1) 結婚 (1) 良ちゃん (1) (1) 言葉 (1) 講演会 (1) 谷中 (1) 輪島 (1) 輪島塗 (1) (1) 静岡 (1) (1) Kyuwa (1) PC (1)