半陶 輪島焼 能登ノ國で 土に還る土を探し求める日々

水曜日, 4月 23, 2008

大谷町 鯉のぼり

今年23回を迎えた鯉のぼりフェスティバルもう、この能登半島にに来て2年になるが、偶然ここを二年前に通りかかったとき、思わず車を止めて見た。 なんか、広島の島から島にしていたのと、かぶさって来たのである。 これは、本当にこの時期に日本で見られる素晴らしい風景である。 地元の方に聞いて見るとなんか「イッポの会?」とかいう人たちがしているらしいが、定かではない。 でも、風にそよぐ感は半島の気持ち良さを鯉のぼりが答えてくれる。 時間を忘れそうな原風景の一つであろうか。

下には、その少しの夕刻のそよぐシーンをアップして見ました。
再生をクリックして見てください。



video

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

ラベル

過去 (666) (110) (79) 仕事 (59) (58) (57) (36) 教室 (26) 展覧 (24) 芸術 (24) 友人 (20) (19) (18) (17) (15) (14) (13) 市場 (11) (10) (9) music (8) 正月 (8) 地震 (7) 温泉 (7) 鉄道 (7) (6) 文化 (6) (5) (5) 新聞 (5) 波の花 (5) (5) 宗教 (4) (4) 映画 (4) 東京 (4) 結ひ (4) 能登 (4) 釣り (4) チャリ (3) (3) 個展 (3) 師匠 (3) 料理 (3) (3) 窯跡 (3) 陶芸 (3) 電車 (3) 音楽 (3) バス (2) 友人 music (2) (2) 宿 (2) 揚げ浜式 (2) 民宿 (2) (2) (2) 陶芸教室 (2) KyuWa (1) ちまた (1) イベント (1) エンド (1) 七太郎 (1) 岐阜 (1) 岡山 (1) 巨木 (1) 揚げ浜 (1) 新年 (1) 曼殊院 (1) 曼珠院 (1) 歴史 (1) 病院 (1) 神社 (1) 祭り (1) 結婚 (1) 良ちゃん (1) (1) 言葉 (1) 講演会 (1) 谷中 (1) 輪島 (1) 輪島塗 (1) (1) 静岡 (1) (1) Kyuwa (1) PC (1)